--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.04.03

2011年3月の「おはよう!堀切 in 西都原古墳」の模様です。
ここ数年の「西都原は雨」のジンクスを見事に覆し、とても良い天気となりました。

P1020835.jpg P1020836.jpg
P1020837.jpg P1020838.jpg
P1020839.jpg P1020841.jpg

なお今回は、東日本大震災の被災者支援活動SAVE JAPANに賛同し、呼びかけ人が義援金箱を準備して、募金の協力をお願いし、集まった募金は、後日、SAVE JAPAN事務局へ
振り込みしました。
P1020842s.jpg P1020830.jpg
P1020831.jpg P1020832.jpg

Posted at 21:04 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2011.02.27

2011年2月の「おはよう!堀切」の模様です。
今回の目玉?は、個人販売になったばかりの日産のEV=リーフのオーナーが参加されたことですね。

P2275762.jpg P2275760.jpg
P2275752.jpg P2275748.jpg
P2275742.jpg P2275740.jpg
P2275775.jpg P2275771.jpg
P2275769.jpg P2275764.jpg
P2275763.jpg P2275773.jpg

Posted at 20:49 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2011.01.31

2011年1月の「おはよう!堀切」

2011年1月の「おはよう!堀切」の模様です。
今回は、スーバーセヴンオーナーの参加が多く、ストイックな雰囲気が漂っていました。(笑)

 P1235463.jpg
P1235469.jpg P1235468.jpg
P1235461.jpg P1235458.jpg
P1235482.jpg P1235483.jpg
P1235486.jpg P1235481.jpg
P1235479.jpg P1235478.jpg
P1235485.jpg P1235484.jpg
P1235470.jpg P1235462.jpg P1235460.jpg




Posted at 20:34 | おは堀 | COM(0) | TB(0) |
2010.10.18

2stミーティングの準備

前回の修理で、概ね走れる状態になったので、バモスに載せて帰ってきました。(^^)

車載状態  ラダー

折り畳み式ラダーの使い勝手もいい感じです。

トラスフレームBros.

で、ガレージに入れてTRXと並べると、ヤマハ トラスフレーム・ブラザース結成です。

以前は、R1-Zも所有していた時期もあるので、さしずめヤマハ トラスフレームジャンキーと言うところでしょうか。w
Posted at 21:28 | バイク | COM(0) | TB(0) |
2010.10.17

SDRトラブル対応(6)

ようやく、部品もそろい、修理の続き。(^^;
#ココまで来ると、完全に備忘録。

まずは、ステムベアリング取り付けの続きから。
前回、ベアリングレースまでは組み付け済みなので、そのレースの溝の上に少しグリスを塗っておいて、ベアリングのボールを1個ずつ、置いていきます。
ベアリング1つに付き、ボールは19個、上下合わせて38個のベアリングボールを落とさないように、置いていく地味な作業です。w
#手が滑って、1個だけ落としちゃったけど。(^^;

ベアリングボールをレースに乗せ終わったら、ボールの隙間にもグリスを詰めておきます。
ただ、あまり盛ると抵抗になるようですが、少ないと防水・防錆効果が落ちるので、適量を塗っておきます。
ボールを乗せていない、レース側にもグリスを塗って、組み付け。

ステムナットをガタが出ない程度に手で締めておき、トップブリッジを乗せてキャップボルトを仮止めして、ステムベアリング交換は完了。


お次はフロントフォークの組み立て。
まずは先にフォークボトムにベアリングプッシャーなどを使って、スライドメタルを打ち込む。
※SDRのフォークはインナー側にスライドメタルが無いので、一般的なフォークとはこの順番が違います。

それから、新品のフォークインナーにフォークピストンを入れて、フォークボトムにボルトで固定。
今度は、またボトムにオイルシールを打ち込みますが、フォークインナーに上からはめる際に、インナーの上端にビニールなんかを被せるとシールを痛める心配がありません。
オイルシールが打ち込めたら、サークリップをはめて、ダストシールをまたインナーの上からはめて、ボトムにはめ込みます。

ここまで組んだら、フォークオイルを規定量(SDRは255ml)量って、フォークの中へ注ぎ、インナーを上下させて、エア抜きをします。
ここで、インナーを回しながら、一番フリクションが少ないところを見つけておくと、組み付けた後のフロントタイヤの路面追従性に違いが出ます。

しばらく置いて落ち着かせたら、スプリングをピッチの細かい方を上にして、そっと入れ、カラーを乗せてキャップボルトを取り付けます。
ただし、この時点では本締めしにくいので、手で締められる程度で止めておきます。

アンダーブラケットに仮止めしつつ、ハンドルを付けて頭出しを調整。
#ハンドルのフォーク穴の上端ぴったりに、フォークトップを合わせて、固定します。

フェンダー類を取り付けて、Fホイール&メーター、そしてライトケースを仮止めして、ハーネスコネクタの接続までやって、ひとまず完成。
修理後20101016

それにしても、新品のインナーチューブはキレイですね。
#当たり前やん!!
新品のフォークインナー

Posted at 21:47 | バイク | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。